岩手ドローンスクールについて

自動車教習所の人材育成の実績を活かし
ドローンパイロット育成を目指す!

岩手ドローンスクールは、2015年10月よりスタートしたJUIDA認定制度に基づいた「認定スクール」です。 ドローン産業の健全な発展のために、無人航空機の安全に関わる知識と、高い操縦技能を有する人材の養成を行います。また修了者にはJUIDAの操縦技能証明証および安全運航管理証明証を授与します(スクール修了後に修了者からJUIDAへの申請が必要)。 岩手ドローンスクールでは無人航空機の仕組みや関連法令、安全に運航するための管理などの座学と、ドローン実機を用いた実技講習を通じて操縦士・完全運行管理者を習得できます。
今日のドローンはGPSなどの制御を用いて安定して飛行可能なデバイスが搭載された機体が多くを占めますが、ドローン事故の9割はヒューマンエラーと言われております。本スクールではドローンの墜落事故がこのような安定デバイスが使えない状態で発生しやすいことに注目し、実技講習では安定デバイスを使わないモードや機体で安全に飛行・離発着ができる実習を通して指導を行う予定です。
本スクールはドローンを既にビジネスに活用している企業だけではなく、ドローンを扱ったことのない初心者でも受講可能なカリキュラムを予定しております。

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(通称:JUIDA)について

無人航空機システムの民生分野における積極的な利活用を中立な立場で推進する団体です。 主にUASの応用技術の研究開発、安全ルールの研究、人材育成、環境整備に努めUAS関連の新たな産業・市場創造、健全な育成と発展に寄与します。航空工学の権威である東京大学大学院教授の鈴木真二氏が理事長。またJUIDAは、ドローン安全運航管理者の国際標準規格を目指している、国内最大のドローンライセンス管理団体です。
http://uas-japan.org/

JUIDAの免許について

JUIDA無人航空機操縦士 無人航空機を安全に飛行させるための知識と操縦技能を有する者
JUIDA安全運航管理者 無人航空機の運航に関わる十分な安全と法律の知識を有し、飛行業務の安全を管理する者
講師/スタッフについて
受講場所/実習施設について

ICT、IoT時代に向けて

「時代のIT化」という言葉が使われて20年の月日が流れましたが、当初、コンピュータは高価で難解で、特別な技術者や特別な嗜好者だけのものでした。
しかし、現在では、世の大半の人がスマートフォンを持ち、あるいはタブレット端末を駆使して、インターネットによる日常生活の利便性を享受しています。
そして、そのような情報技術の進歩は今後も飛躍的に発展していくものと思われ、ここから数年間は、ICT(information communication technology=情報伝達技術 <例:仕事のデジタル化等>)、IoT(internet of things=モノのインターネット <例:スマートウォッチや玄関ロックとスマホとの連動等>)という二つの言葉が、社会や産業を大きく変えていくキーワードになっていくと考えられており、昨今、その中核をなすモノとしてドローン(無人航空機システム)が社会認知されるようになってまいりました。
国土交通省の「i-construction」指針によれば、測量・設計分野におけるドローンの活用によって、2025年までに2割の生産性向上が見込まれており、現在110件の工事でICT土工が実施され、13000人以上の人がICT人材育成トレーニングを受けているということです。
また、政府の「小型無人機に係る環境整備への官民協議会」では、2020年時点での「都市を含む地域において多数の自立飛行するドローンが活躍する社会(飛行レベル4)」が目標設置され、今や空の産業革命とも言える「ドローン」が社会を変える可能性は現実味を帯びて高まってまいりました。

岩手におけるドローンの可能性

東日本大震災以降、復興いまだ途上にある当県の状況は、周知のとおり、景気の低迷・少子高齢化に伴って、産業の未来像が不明瞭な中にあります。
そんな中にあって、ドローンの存在は、測量、土木の分野のみならず、防災、警察、農林水産の各分野において、革命的な発展を促進する可能性を秘めており、各産業においてドローンの有効な活用がなされていけば、全県的産業の活性化を果たす可能性が充分あります。
「写真や動画の空撮」、「状況・現場の観察、監視」、「点検、管理」等あらゆる分野でドローンの活用方法が精査・進歩していくことはもはや間違いなく、それらの発展によって、岩手県全体が社会・産業とも活気あるものになっていけばと願っております。

当社がドローンスクール事業に進出した意味

昭和40年代以来の「モータリゼーション文化」の浸透は、当県において、飛躍的に産業構造を進化させ、経済の発展に貢献してきたことは事実であろうかと思いますが、弊社・株式会社江刺自動車学校(旧財団法人岩手県南自動車学校)は、昭和37年9月の開校以来、県内に3万人以上の優良な自動車ドライバーを輩出してまいりました。
当時、今ほどのモータリゼーション文化の隆盛は誰も予想しえず、そのことはどこか現在のドローンの位置づけに相似しております。
現在、当県産業の閉塞感は年々深刻化してきており、何らかの起爆剤がなければ、状況打破に繋がらないのではないかと危惧いたします。
そのようなことから今回、運転者教育機関として長年のノウハウを持つ私たちは岩手初のJUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)認定ドローンスクールとして『岩手ドローンスクール』を立ち上げました(自動車学校としての開講は全国初 ※認定スクール順位は二位)。
当スクールは岩手における1000名以上の認定無人航空機パイロットの育成を目標にし、各産業・行政との連携を図りながら、県の発展、ドローン文化の浸透に寄与してまいりたいと考えております。
そして『ドローン(ICT)先進県構想』や『ドローンの国家戦略特区申請』等の各種施策を行政に働きかけ、官民一体となった県土づくりの一助を担えればと考えております。

受講検討の方はまずは説明会へ

無料説明会へ申し込む
Copyright 2018 岩手ドローンスクール|JUIDA認定